全スカの原因。実は生まれつき超絶薄いとかってオチじゃね?


幼少期からハゲってことありえる?

自分はあり得なかった。確かに、額は広い方だったし生え際の真ん中あたりも後退気味だった。

16歳ころから「生え際ハゲ」と言われ続けてきたもんな。

てっぺんとか、頭頂部、つむじ、側頭部、後頭部は全くハゲではなかった。ちっちゃい時から行ってた床屋のおっちゃんに「お前多いからめんどくさいわ」って言われたわ。

いや、めんどくさいってなんやねんw

理容師やろがい!www

そういや。

毛穴の数は、生まれたときに決まり、それ以上増えることはありません。

そして成長するにつれて、頭蓋骨が大きくなります。

小さい頃は、毛穴が密集していたのに、頭蓋骨が大きくなることにより、頭皮が引き伸ばされ、毛穴の間隔が広がって毛髪の密度が低下すると言われているんですね。

例えば、1mm間隔で存在していた毛穴が、頭皮が広がることにより2mm間隔になってしまうということ。何万個もある毛穴が1mmずつ間隔が開いてしまえば、薄く見えるのは当然ですよね。

つまり、幼い頃から毛が少ないという人は、「薄毛を治す」というのではなく、「増毛する」という言うのが正しいのかもしれません。

生まれつき髪の毛が少ない人が、いくら育毛剤をつけようが、いくら育毛薬を服用しようが、髪の毛が増えるわけは無いんです。

参考元:生まれた時から・幼い頃から髪が薄いのは治らないのか?|つむじハゲの女性の育毛剤ブログ

これは確かにいえてるんじゃよ。

昔あたま小さかったのに、今頭でっかちになったから、毛穴の間隔が開いて、薄く見えてるんじゃないかって。

コレもあるし、自分の場合は、炭石鹸でアタマ洗ったり、不老林とかいうクッサイ変な育毛剤を使ってたし、アロエ酒ふりかけてたりしたから、多分ハゲたんだと思う。

あとは、寿司の配達のバイトで毎日帽子被ってたのもあるかも。

やっぱ帽子ってあかんねんな。

めっちゃ頭皮痛かった時合ったし、ほんとピリピリした痛み。今考えれば頭皮の神経痛だったのかもしれない。

20歳くらいから一気に減って、スカスカになったなぁ。

生まれつきって言うのは無いかもしれないけど、やっぱ帽子と異常なくらい頭皮に色んなもの塗りたくってたからかもしれん。

20歳から生えてこなくなって、33歳になった今も生えてこない。

これって、もう二度と生えてこないってことなんだよな。

ミノタブとか飲んでるのに、増えないのは、毛根自体がなくなってるから。

長期間ハゲだった人は、もう二度とドフサには戻れんってこと。

だから、今見てるあなた。

つるっぱげなら、諦めて。

ちょい薄いくらいなら、マジで病院行ったほうがいい。

クスリで生えるから。

でも長期間の服用は確実に肝臓を弱らせるて、寿命を縮めるから、ミノタブで増えなくなったら、クスリはやめるべき。

でもクスリをやめたら、抜ける。

抜けるってそっちのヌケルじゃない。

ミノタブで生えた分が一気にヌケル。

いや「抜ける」だ。

冗談抜きに。ミノタブ1年以上服用してたんだから間違いない。

ミノタブをやめたら、維持しなかんから、嫌だけど育毛剤を使うしかない。

育毛剤は生やすチカラは一切ないが、抜け毛を遅くする効果はある。

50歳まで維持できれば、もうハゲてもいい。

それまで、育毛剤を使って維持できれば御の字だ。

だから自分は「クスリで生やした髪の毛を維持するために」育毛剤を使用している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする