頭皮の赤みの原因って結局何なの?

ふと鏡をみると頭皮が赤い。
まさか、禿げる!?と思って育毛剤や育毛用シャンプー…
実はこれ一番やってはいけない事なんです。
最悪の場合、頭皮は荒れ逆に薄毛を促進させる恐れがあります。そのような事態にならないように、きちんと原因を知り、自分の症状に合った対処法を見つけることが大切なんです。

頭皮の赤みの種類

頭皮の赤みにもいろんな種類があり、原因も様々。症状別にオススメの対処法を載せていますので是非参考にしてみてください。

頭皮が炎症を起こしていて赤い

シャンプーが合っていない
シャンプーやコンディショナーなどに含まれる成分が合っていない可能性があります。敏感肌の方、アレルギー体質の方は頭皮に異常を起こしやすいです。炎症だけでなく、湿疹や痒みをう場合もあります。
arrow そんなときはこの対処法
即座にシャンプーの使用を中止してください。頭皮が傷んでいると思われるので極力頭皮への刺激を控え、シャンプーは無添加にこだわった低刺激のシャンプーに変えましょう。
引用元:女性の分け目ハゲはシャンプーだけで改善できる?オススメのシャンプーは?

日焼け

海水浴やプールへ行くとよくなりますね。
特にシュノーケルなど行くとよくあるそうです。シュノーケルは長時間(約30分~1時間ぐらい)頭を海面から出し下を向いて泳いでるので、頭皮が日焼けし やすいんです。日焼けする箇所はつむじ辺りなので気付かない方がほとんど…海やプールへ行き日焼けした場合、日焼け箇所はくまなくチェックしておきましょ う。
予防として帽子を被る事をオススメします。
arrow そんなときはこの対処法
日焼けは火傷ですので冷やしたり薬を塗るのが一番効果的。顔につける化粧水などもオススメ。消炎作用のあるものがgood。とにかく乾燥を防げば回復も早まります。

ひっかいたり、擦りすぎ

『毛穴の汚れ』を気にしすぎ
頭皮の汚れは落ちますが、皮脂の塊などの毛穴に詰まったものは手で洗うだけでは実際、ほとんど落ちていません。だからといって、強く何度も同じところを 擦ったり、爪でひっかいてしまうのはNGです。擦ったり、ひっかいたりするとそこから炎症を起こしたり、細菌などで湿疹などを引き起こすきっかけとなって しまいます。
arrow そんなときはこの対処法
一番よい方法は『蒸しシャンプー』。商品名ではなくて、蒸気で毛穴を開いてからシャンプーをする手法です。汗により皮脂が押し出されるので強く擦らなくても泡だけでほとんど落ちます。蒸す方法はとても簡単。お風呂キャップをかぶって半身浴するだけ。驚くほど汗をかきます。試してみてください。

頭皮マッサージしすぎ

薄毛を気にするあまり、やたらと力強く頭皮マッサージしてませんか?
結構マッサージだからと言ってやり過ぎてる方が多いです。指ではなく手のひらでやるのが一番良い方法です。
arrow そんなときはこの対処法
指ではなく手のひら全体で頭皮の皮を動かすようにやるのがポイントです。頭皮全体の凝りをほぐし、血流をよくします。 また、耳の前後を軽く1分間擦るだけで血流がアップします。 耳の前後には頭全体に血液を送る太い血管が通っているので効率よく血流アップが望めます。

頭皮が乾燥している

シャンプーの洗浄力が強すぎ。
シャ ンプーの洗浄力(脱脂)が強すぎで必要な皮脂までとってしまっている状態です。皮脂のバリア機能まで失われているので、頭皮の水分は蒸発し乾燥します。バリア機 能を失った頭皮は無防備状態になるため何らかの外的刺激や細菌の影響で炎症を引き起こします。頭皮が乾燥していて尚且つ、炎症を起こしている場合は上記の 可能性が十分に考えられます。
arrow そんなときはこの対処法
まずはシャンプーを変える。保湿性の高いシャンプーを オススメします。中でも保湿性が高く頭皮を健康に導く、口コミで人気になった『馬油』がオススメです。ソンバーユと聞くと馴染みがありますね。 その『馬油』を配合したシャンプーをご紹介します。馬油はコストが高く、市販のシャンプーには配合することはなかなか難しいのです。通販限定なら手ごろな価格で販売しています。
保湿性の高いオススメシャンプーはこちら保湿性の高いオススメシャンプーはこちら保湿性の高いオススメシャンプーはこちら保湿性の高いオススメシャンプー

うっ血

頭皮が乾燥している|頭皮の赤みの原因

血行不良が原因です

血液の流れが悪くなり,古い血液が滞っている状態。
arrow そんなときはこの対処法
血の巡りが悪いのでマッサージをするのが効果的。頭皮が荒れてなく、ただ赤いのであれば血行促進作用のある育毛剤も良いかもしれません。マッサージ は必ずゆっくり優しく行ってください。その他の対策としては「お風呂に毎日浸かること」「定期的に運動する」などといった手軽にできることを試してみてく ださい。

原因と対策のヒント!

まずはいつから頭皮が赤くなったのか思い出してみましょう。その時どんな生活をしていたのか振り返り、その時までと変わったことしていないか探して みてください。シャンプーを変えた、育毛剤を変えた、整髪料を変えたなど。何か原因があって赤くなっているはずです。すぐに育毛剤や独自の対処法をするの ではなく原因を探ってから対処しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする