薄毛とハゲの違いは?薄毛はOKでも、ハゲはNG

突然ですが、あなたは禿げてますか?

僕は禿げてません。薄毛です。

上の写真よりはましなほう。

髪の毛が薄いんです。薄いだけで、無毛地帯はありません。

ハゲ=無毛地帯のある方。という認識ですが、あってるんでしょうか。

無毛ハゲと薄毛どっちが育毛しがいがあるのか?

育毛剤やサプリメント、医薬品など、巷では色々なものが溢れてますが、薄毛とハゲ両方にそんなものがきくのか?

答えはNO。

薄毛にしか効かない。

ハゲの無毛地帯の人には悪いが、残念ながらフサフサは不可能と思うべき。

育毛剤や薬にお金を使うだけムダってもんです。

ハゲで無毛地帯の多い人間はどうするのか?

ジェイソンステイサムのように、かっこよくなればよろし。

なんてことは不可能なので、増毛かかつら、もしくはIPS細胞の実用化まで待たないとムリ。

現状、無毛ハゲは救いようがない。

もちろん、薄毛も同じです。薄すぎれば薄すぎるほど、回復はほぼ不可能。

薄過ぎて本来は効いているのに、効いているのかどうかもわからない。

薄すぎってどれくらいか?岡村隆さん・フットボールアワーの岩尾さんとかもう回復はムリ。

ここで言う回復っていうのは、パッと見薄毛とわからない状態のこと。

まあ宮迫さんは回復したいい例でしょうね。

あの人昔むちゃくちゃ薄かったんだから。今も少し薄いけど、全然見れるでしょ?昔薄毛だったという事実を知らなかったら、薄毛ってわからないでしょ?あれがいい回復のお手本。

でもあの人、水に入ったらスカスカが目立つと思うよ。

若手芸人じゃなくて良かったですね。

薄毛は回復しない

基本的に、薄毛の回復ってほんの少ししか回復しないんですよ。

完全回復した人がいたら、多分取材殺到じゃないのかな?

というか、そんな完全回復できる薬は世の中に出回らないと思う。

何故か?

育毛剤業者や、育毛サロン業者が潰しにかかるから。

そりゃ死活問題ですからね。みんな一丸となってかかってきますよ。

完全回復する薬があるなら、僕なら10万でも20万でもつみますし、多少の副作用は受け入れますよ。

だから、IPS細胞もすぐには出てこないし、ひょっとしたら育毛業界での使用を中止するんじゃなかろうか。

どうなるかわかりませんけどね。

ただ、あと十数年は「完全回復」という薬はでてこないでしょうね。

研究者たちは、なにをしているんだろうか。

え?もっとも最強な育毛剤?

ミノタブ一択でしょ。

それ意外は、ムダ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする